わたしの漱石、わたしの一行

今年も開催! 「わたしの漱石、わたしの一行」コンクール

夏目漱石が生まれ育ち、生涯を閉じた地・東京都新宿区では昨年、「新宿区夏目漱石コンクール」をスタートしましたが、中学生・高校生を対象とした読書感想文コンクール「わたしの漱石、わたしの一行」が、今年も開催されることになりました。漱石作品を読み、自分の心に深く残った「一行」を選び、なぜその一行を選んだのかを1000~1200文字で表現する、という内容。「ワタシの一行」に着想を得たこのコンクール、もちろん、新潮社も協賛企業として応援していますが、ほかにも朝日新聞や紀伊國屋書店、岩波書店などの企業や、千代田区、文京区、松山市、熊本市ほか全国の漱石ゆかりの自治体が後援しています。「ワタシの一行大賞」とともに、夏休みの自由課題に最適かもしれませんね。小学生を対象にした絵画コンクール「猫になって描いてみよう~わがはいはネコである~」も同時に開催されます。詳しくは、こちらで。